バリアフリー リフォーム
和室を洋室にリフォーム
 トップページ > バリアフリーのために和室を洋室にリフォームする   ホーム
バリアフリーのために 和室を洋室にリフォームする

バリアフリーのために和室を洋室にリフォーム介護士に相談する

不幸にも家族の誰かが事故や病気で車椅子生活になったとき、あるいは高齢で体が不自由になったときなどは、和室は何かと不便です。

車椅子になればもちろん段差の問題もありますが、高齢で足や膝が痛くなると、立ったり座ったりする動作もなにかと大変になります。

バリアフリーで和室を洋室にリフォームにするときは、その方の体の状態に合わせて、いかに使いやすいかを検討するのですが、介護士さんなども交えてより使いやすいようにリフォームします。

車椅子に合わせてバリアフリーにする場合は、和室を洋室にリフォームするぐらいでは間に合わず、トイレや廊下他、家全体の工事になることも多くなります。

福祉住環境コーディネーターに相談する

工務店には福祉住環境コーディネーターの資格をもっていて、バリアフリーの工事を手がけているところもありますから、そういう専門のところに相談するのもお勧めです。

介護認定を持っている人には、介護保険住宅改修助成制度の他にも、さまざまな補助金制度がありますから、それらも利用しましょう。

車椅子ほどでなくても、お年寄りが使いやすいように洋間にする時も、一番の問題は段差です。

以前の住宅は、リビングより和室が高くなっているお宅もありましたが、今建てる住宅はほとんどなくなっていますし、全般に高齢者に配慮された設計になっているようです。

それら工事のことは工務店さんにおまかせするとして、テーブルやイスなどお年寄りが使いやすい高さのものを選ぶとか、照明のスイッチなどもお年寄りが操作しやすいものや位置に配慮してください。

★リフォーム業者を探す >>



 
 和室を洋室に
リフォームするコツ
 リフォーム業者を探す
 洋室にする理由
 バリアフリー
 リフォーム職人ランク
 疑問・トラブル・問題点
<< 洋室にする理由 │ トップページに戻る | 職人ランク >>    
Copyright (C) 2013 バリアフリーのために和室を洋室にリフォームする. All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。
海外ドラマ